お電話での問い合わせ
06-6266-5901
ショッピングカート
『プレミアム会員』募集中

ストレートネックに効果的?タオル枕の作り方と注意点

by nakanishi on January 07, 2022

首や肩に負担を与え続けることで発生するストレートネック。

ストレートネックは、スマホ社会の現代においてとても身近な症状と言えます。

そんなストレートネックの改善策はさまざまですが、手軽に実践できる方法の1つとして「タオル枕」という手法があります。

ここではストレートネックに効果があるとされるタオル枕の使い方、注意点などについてご紹介します。

 

ストレートネックとは

ストレートネックに効果的?タオル枕の作り方と注意点

ストレートネックとは、その名の通り首がまっすぐ伸びてしまった状態のこと。

首がまっすぐ伸びている、と聞くと「悪くない状態」と思ってしまうかもしれませんね。しかし、人間の首は頸椎からゆるいS字のカーブを描くのが、自然な状態です。

人間の頭の重さは5kg前後とされています。その頭を首が支えていて、S字になることでうまく重さを分散させています。ところがストレートネックによって首が伸び切った状態だと、頭の重みがダイレクトに首に伝わることに。

その結果、首だけでなく肩や腰にも負担をかけ、ひどい場合は頭痛や手足のしびれといった症状が出てしまうケースも珍しくありません。

 

ストレートネックの原因

ストレートネックの主な原因は、スマートフォンとされています。

一昔前まで、ストレートネックの原因の多くはパソコンだと言われていました。しかし現代ではパソコン以上に便利な、スマートフォンが普及しています。

スマートフォンを眺める姿勢は、下向きになる場合がほとんどです。その結果、首が伸ばされた状態で固定されてしまいます。さらに悪いことに、若い人ほどスマートフォンを眺める時間が長いもの。

このことから現代におけるストレートネックの原因は、スマートフォンがほとんどだと言えるでしょう。

さらに枕が高すぎるのも、ストレートネックの原因です。枕の高さがありすぎると、首が伸ばされた状態になります。一晩中、不自然にまっすぐな首で過ごすことで、ストレートネックが癖付いてしまいます。

不自然な姿勢を長時間保つのは、体にとって良いこととは言えません。

スマートフォンを長時間眺めていたり、枕が高すぎると感じたり、思い当たる部分がある方は改善を試みましょう。

 

ストレートネックのチェック方法

ストレートネックか判断する方法は、整体や病院で医師の診断を受けるのがおすすめです。

しかし忙しかったり外出を控えたいなどの理由があったりして、受診が難しいケースもあるかと思います。

そのような場合は、下記の簡易的なストレートネックのチェックを自宅で行い、あてはまるか判断の目安にしてみてください。

  • かかと・お尻・肩を壁につけて力を抜き、気をつけの姿勢をする
  • 後頭部が壁にくっついていない場合はストレートネックの可能性あり



ストレートネックの改善策!タオル枕の作り方

ストレートネックに効果的?タオル枕の作り方と注意点

ストレートネックを改善する方法として、ストレッチやマッサージなどがあります。

しかし忙しい方やもっと手軽にストレートネックを改善したい、という方は、タオル枕を試してみてはいかがでしょうか。

タオル枕とは、その名の通りタオルを枕として使用する方法です。

とても簡単なように思えますが、畳んだだけのタオルを枕がわりにするのではなく、首に負荷がかからない調整が必要です。

そこでここではタオル枕の作り方について、詳しくご紹介します。

 

タオル枕の作り方1. 一般サイズのバスタオルを用意する

タオル枕で使用するのは、バスタオルです。サイズは問いませんが、あまりに小さすぎると枕として機能しない可能性があります。一方で大きすぎると使い勝手の悪さを感じてしまうかもしれません。

バスタオルの一般的なサイズとされる60cm×120cm程度のものが、タオル枕としてちょうど良いサイズになります。可能であれば当該サイズを選ぶようにしましょう。

タオル枕の作り方2. 枕の形を作る

バスタオルの用意ができたら、枕の形を作りましょう。

バスタオルを3〜4つ折りにして、枕に近いサイズにします。その後、手前側だけをくるくると巻いてください。

ロール状になった部分が首と肩を支え、首の自然なカーブにすっぽり納まる形になります。

ストレートネックに効果的?タオル枕の作り方と注意点

高さが合っているかチェック

タオル枕の形が完成したら枕として適正な高さになっているのかチェックをしましょう。

適切な枕の高さの基準は、下記になります。

 

  • 仰向け寝をした際に目線は真上を向いているか
  • 喉の圧迫感はないか
  • 肩甲骨・肩ががマット(敷布団)に触れているか

 

枕に頭を預けた状態で疲れや苦しさを感じないのであれば、枕として適切な高さと言えます。しかし実際の快適性は眠りに落ちて、朝になってみないとわかりません。

正しい高さの基準を満たしていたとしても、朝起きたときには首に疲れや負担を感じる可能性もあります。仰向けのときはちょうど良かったものの、寝返りを打って横向き寝になったときに高さが合わなくなる、といったことも考えられるでしょう。

仰向け寝だけでタオル枕のサイズを決めずに、横向き寝や寝返りの際など、どの状態で寝ても不快感はないか確認をしてみましょう。

 

タオル枕の注意点

ストレートネックに効果的?タオル枕の作り方と注意点

自宅にあるバスタオルを使えばすぐに実行できる便利なタオル枕ですが、注意点があります。

タオル枕を使用しても効果がなかった……なんてことにならないように、次の点に気をつけてください。

高さはしっかり合わせる

タオル枕の高さがずれていると首に不要な圧をかけてしまい、かえってストレートネックを助長してしまう危険性があります。

首に負担をかけず、すっぽりと隙間が埋まるように高さ調整はじっくりと時間をかけるのがおすすめです。

可能であれば家族やパートナーに寝姿を確認してもらい、体と布団の間に隙間がないか、首の角度は適切かなどを見てもらうと良いでしょう。

 

タオル枕だけで改善をしようとしない

タオル枕はストレートネックに効果がある、とされています。しかし「タオル枕さえしていれば、ストレートネックが改善される」とは限りません。

時間をかけて少しずつ歪んでしまった体です。タオル枕はあくまでストレートネックを改善する方法の1つ。より高い効果を期待するのであれば、マッサージやトレッチなども合わせて行うことが大切です。

加えてひどいストレートネックであれば、医師の診察も検討してみてください。

 

寝ている間に形が崩れないようにする

タオル枕は、寝ている間にロール部分が崩れてしまうことがあります。そうなれば寝姿勢が不自然になり、ストレートネック改善どころか体の筋を痛めたり、別の症状が発生したりする可能性も否定できません。

ロール部分が崩れないように、適切な高さの状態で縫い付ける、もしくはクリップで留めるなど工夫を取り入れてみてください。

 

タオル枕が合わない場合

ストレートネックに効果的?タオル枕の作り方と注意点

高さ調整のしやすさが魅力のタオル枕ですが、人によっては「合わない」と感じることもあるでしょう。タオル枕が適正でないと感じたのであれば、ストレートネックを改善できる他の枕を探す必要があります。

シェーンベルグの馬毛枕は、使用する人の体型を選ばず、どのような寝方であっても首〜肩をすっぽりと包んでくれます。

首と頭が心地良い姿勢で固定されるため、ストレートネックの方であっても寝やすさを実感できるでしょう。

お手入れも簡単で劣化の心配も少なく、ダニといった衛生面の問題が少ないという魅力も持ち合わせています。タオル枕が合わない、もしくはタオル枕ではない適切な枕を探している方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

タオル枕はストレートネック改善をサポートしてくれます。しかしタオル枕だけでストレートネックを完治させるのは難しいため、ストレッチやマッサージ、日々の生活の見直しなども同時に取り入れると良いでしょう。

ストレートネックが良くなるよう、まずはできることから少しずつ始めてみてください。

関連記事

眠気を誘う感覚と枕│睡眠五感とぐっすり眠れる枕
眠気を誘う感覚と枕│睡眠五感とぐっすり眠れる枕
決められた時間に毎日布団に入っても、ちっとも眠くならない。がんばって眠ろうとしているうちに、しだいに目がさえていく。そのような人は、もっとリラックスした方がよいかもしれません。   ここでは、快眠のための睡眠五感と、眠気を誘う作用があ...
Read More
枕で理想の寝姿勢を保つには?枕の選び方・当て方・マットレスなど敷寝具についても解説
枕で理想の寝姿勢を保つには?枕の選び方・当て方・マットレスなど敷寝具についても解説
寝姿勢が悪いと眠りが浅くなる、疲労が取れない、健康に悪い。そのように聞いたことはありませんか?人は毎日数時間ほど寝て過ごしますが、きちんとした寝姿勢を取ることは健康のために重要です。ここでは、理想の寝姿勢を保つための枕の選び方や当て方...
Read More
枕を長く使うためのポイントは?素材別の寿命や耐久性のある枕の選び方などを紹介
枕を長く使うためのポイントは?素材別の寿命や耐久性のある枕の選び方などを紹介
ご自宅の枕は、どのくらい使い続けていますか?枕には寿命があります。何年も枕を使い続けるうちに、安眠できなかったり、健康に支障をきたしたりする恐れがあります。ここでは、枕を長く使うためのポイントとして、素材の選び方や使用方法を解説します...
Read More
トップに戻る