お電話での問い合わせ
06-6266-5901
ショッピングカート
『プレミアム会員』募集中

敷ふとん

敷きパッドのお手入れと選び方│敷きパッドとベッドパッドとの違いも紹介

敷きパッドのお手入れと選び方│敷きパッドとベッドパッドとの違いも紹介

シーツの肌触りが悪い、寝汗でべたつくなどの悩みはありませんか?そのようなときは、敷きパッドが役に立つかもしれません。ただし、状況によっては、ベッドパッドやマットレストッパーが推奨される場合もあります。それぞれの寝具の目的を理解して導入しましょう。

 

ここでは、敷きパッドの利用を検討する人に向け、敷きパッドの役割やお手入れの方法を紹介します。快適な睡眠にお役立てください。

on April 06, 2022
羊毛敷布団のメリットデメリットとは?<br>魅力と購入時の注意点について

羊毛敷布団のメリットデメリットとは?
魅力と購入時の注意点について

羊毛敷布団とは、羊の毛を使用してできた敷布団を指します。   日本では数多くの寝具素材がある中で、なぜ、羊の毛でできた敷布団を選ぶ人が数多くいるのでしょうか?   それには羊毛だからこそ得られる魅力があるためです。   この記事では、羊毛敷布団のメリットデメリットや購入をする際の注意点、おすすめの敷布団素材についてご紹介します。   羊毛敷布団とは? 羊毛とは「ウール」と呼ばれる素材です。そして羊毛敷布団とは、その名のとおり羊の毛、つまりウールを使ってできた敷布団を指します。...
on April 06, 2022
敷布団のサイズの選び方。<br>自分に合った大きさの判断基準とは?

敷布団のサイズの選び方。
自分に合った大きさの判断基準とは?

敷布団のサイズは種類が多く、何がベストなのか迷ってしまいますよね。 大切なのは自分にとって適したサイズであること、また、部屋の広さに合っていること、掛け布団とのバランスです。とは言っても、自分や部屋、掛け布団とのバランスはどのように判断をすれば良いのでしょうか。 そこでこの記事では、敷布団のサイズの種類や選び方などについて、詳しく解説します。 敷布団のサイズ一覧 敷布団のサイズは販売するメーカー、輸入する場合は原産国などによって基準とする数値が異なります。とは言え、日本国内品であれば下記のサイズで作られる場合が多いです。 上記以外にも家族3~4人で寝転がれるよう、200cm×210cm以上のとても大きな「ファミリーサイズ」、背の高い人用に丈を20cm長くした「丈長サイズ」などもあります。 さらに丈ではなく幅を10cmほどプラスしたものも。「ワイドダブル」「ワイドシングル」と呼ばれる敷布団がそうです。 ちなみにベッドで使用する敷布団であれば、頭と足下にベッドの枠がある分、丈を敷布団の基本サイズより10cm小さく作るケースが多いと言えます。 このように敷布団にはさまざまなサイズがあります。しかし一般家庭で使われることが多い敷布団は「シングル」~「ダブル」なため、量販店やホームセンターではそれ以外のサイズの取り扱いは少ないです。 自分にぴったり合ったサイズの敷布団を求めるのであれば、専門店に足を運んだほうが見つけやすいでしょう。...
on April 05, 2022
今の環境に応じた敷布団の選び方│<br>敷布団の重要性・マットレスと敷布団の違いも解説

今の環境に応じた敷布団の選び方│
敷布団の重要性・マットレスと敷布団の違いも解説

    掛け布団や毛布には気を配っていても、敷布団について考えていますか? 敷布団は、快適な睡眠と健康のためにかかせない寝具です。ここでは、敷布団を見直したい人に向け、現在の状況に応じた敷布団の選び方を紹介します。敷布団の重要性やマットレスと敷布団の違いについても解説するので、参考にしてください。    敷布団の重要性  睡眠や健康のために、敷布団を重視しましょう。敷布団は体を支える寝具です。畳やフローリングは硬く、そのまま寝転がっていては体が休まりません。また、敷布団があれば、床からの冷気が体に伝わりにくくなります。冷えは万病の元。しっかり体を休ませるためには、快適な温度で眠りましょう。    敷布団は、寝るときの姿勢も整えます。立っているときと同じように背骨の形をキープすると、体に均等に負荷がかかり、ぐっすり眠れます。さらに、寝汗の吸湿・放湿も、敷布団の役目です。   ...
on March 30, 2022
「狭い部屋で敷布団をしまうには?<br>コンパクトに&清潔に布団を収納する方法」

「狭い部屋で敷布団をしまうには?
コンパクトに&清潔に布団を収納する方法」

敷布団の収納スペースが足りない、オフシーズンの布団の防虫・防カビ対策をどのように行えば良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。 敷布団の収納をコンパクトに行うためには、工夫が必要です。また、防虫・防カビ対策においても、間違った手段を用いると意味がなくなってしまう可能性があります。 この記事では、コンパクトなスペースでも実現できる敷布団の収納方法と、オフシーズンの敷布団を収納する際の防虫・防カビを含める注意点について、ご紹介します。 狭くてもOK!敷布団の収納方法 敷布団の収納方法について、頭を抱えていませんか。 押入れがあれば良いですが、ワンルームや洋室の場合は敷布団を収納するスペースがなく、困ってしまうこともあるでしょう。 押入れがあったとしても、敷布団の数が多くてしまいきれない……なんてケースもあるかもしれません。 まずは狭かったり充分な収納スペースがない空間で、敷布団を収納する方法について見てみましょう。 押入れ・クローゼットに畳んで収納 毎日使用する敷布団であれば、押入れやクローゼットに畳んでしまうのが一般的です。三つ折りにして、収納をしましょう。...
on March 09, 2022
敷布団はコインランドリーで洗濯ができる!<br>正しいやり方と目安の費用・時間

敷布団はコインランドリーで洗濯ができる!
正しいやり方と目安の費用・時間

    「敷布団を丸洗いしたいけれどクリーニングは高いし、近くにはない」 「かと言って、家で洗濯をするのは勇気がいる……」 そんな方におすすめなのが、コインランドリーで洗濯をする方法です。 敷布団はコインランドリーでの洗濯が可能です。洗濯にかかる時間も短くメリットも多いため、試してみてはいかがでしょうか。 この記事では、コインランドリーで敷布団を洗濯する際の失敗しないコツ、費用や時間の目安、コインランドリーでも洗えない敷布団の対処方法などについてご紹介します。 敷布団をコインランドリーで洗濯するメリットとは 敷布団をコインランドリーで洗濯することで、次のようなさまざまなメリットが得られます。敷布団の汚れ・ニオイが気になる方は、ぜひコインランドリーに持ち込んでみましょう。 安価で布団がきれいになる...
on March 08, 2022
トップに戻る