お電話での問い合わせ
06-6266-5901
ショッピングカート
『プレミアム会員』募集中

敷布団のダニを除去&予防!
すぐにできる対策方法とは?

by sysstaff on February 11, 2022

 



敷布団にはダニがうごめいている……なんて言われたら、ぞっとするものです。しかしダニにとって敷布団の居心地が良いのは事実。生育するには持ってこいの場所と言えます。

ダニ対策で大切なのは、ダニを寄せ付けないことと発生をしたら正しく除去をすること。

この記事では、ダニによる健康被害から自身や家族を守るために、ダニの除去方法と防止策についてご紹介します。


敷布団にいるダニ

敷布団のダニを除去&予防! すぐにできる対策方法とは?

ダニにはさまざまな種類がいます。

しかし敷布団の中にいるダニの種類は多くありません。そんな彼らの中で人間にとってもっとも身近な存在、そして布団の中でも見かける機会が多いダニは「ヒョウダニ」です。

ヒョウダニは刺したり血を吸ったりといった直接の危害を、人間に与えることは少ないダニです。しかし存在自体がアレルギーの原因になる危険性を持ち合わせています。

また、ヒョウダニを目当てに別のダニ、「ツメダニ」がやってきてしまうことも珍しくありません。

ツメダニは人間を刺す危険性があります。寄せ付けないために、エサとなるヒョウダニを増やさないようにしましょう。


ダニが敷布団にいる理由

敷布団のダニを除去&予防! すぐにできる対策方法とは?

ダニは自分たちが心地良いと思った場所を、寝ぐらにします。心地良いと思う条件は、湿度・温度・エサの環境です。

ダニが好む湿度は60%、温度は20~30度。エサは人間や生き物が落とす汚れや垢、髪の毛といったタンパク質です。

人間の汗で蒸れた布団、体温で温められた繊維、知らず知らずのうちに落ちてしまう髪や垢……敷布団はこの「ダニの好む条件」がすべて整っています。


敷布団のダニを除去する方法


敷布団にダニが発生しても、すぐに健康被害が現れるわけではありません。しかし放置をすれば、何らかの症状が発生してしまう可能性があります。


自身と家族の健康を守るために、敷布団にダニが発生しているかもしれない、と感じたら次の方法で除去をしましょう。


敷布団を干す

敷布団のダニを除去&予防! すぐにできる対策方法とは?

敷布団を外に干すことで、布団の表面についたダニのフンや死骸を風で飛ばせます。また、空気を通して繊維を乾燥させれば、ダニの生育条件である「湿気の多い環境」を乱す効果も期待できるでしょう。

さらに紫外線には殺菌作用があるとされています。布団を日光に長時間当てておくことで、ダニを減少させる可能性があるでしょう。



布団乾燥機を使う


ダニは60度以上の熱を浴びると、死滅すると言われています。布団乾燥機を活用することで、ダニの除去に効果大です。


ただしダニを死滅させるほど敷布団を乾燥させるには、片面60分間、両面で120分間温風をあて続けなくてはなりません。


このように、布団乾燥機を活用するダニ退治にはそれなりの時間が必要です。寝る直前などは避け、時間に余裕があるときに活用すると良いでしょう。


布団用掃除機で吸う

敷布団のダニを除去&予防! すぐにできる対策方法とは?

敷布団の表面にいるダニやダニの死骸・フンは、掃除機で吸うことができます。定期的に掃除をすると良いでしょう。掃除の際は、布団用ノズルへ切り替えるようにしてください。


また、掃除機でより高いダニ除去効果を得たい人は、布団専用掃除機の活用がおすすめです。普通の掃除機との違いは、布団を吸い込まない程度の吸引力や殺菌機能、叩き出し機能(布団を叩いて奥に沈んだダニを浮かび上がらせる機能)などが挙げられます。


布団乾燥機と合わせて活用すると、より高い効果を期待できます。ダニによるアレルギーが心配な人、小さなお子さんや高齢の家族がいる人は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。


敷布団を洗濯する

敷布団をコインランドリーで洗濯することで、ダニを除去できます。ただし敷布団の素材によっては洗えないため、注意が必要です。

布団の洗濯タグを確認して、洗える素材かを把握した上でコインランドリーに持っていきましょう。洗濯ができない場合、乾燥機にかけるだけでもダニの除去に効果的です。

定期的な、洗濯&乾燥を習慣づけてみてください。


敷布団のダニを予防する方法


ダニが発生したら除去が必要ですが、そもそも、発生をさせない環境を作ることも大切です。

ここからは敷布団にダニが発生しないよう、できる内容について解説します。


こまめな掃除

敷布団のダニを除去&予防! すぐにできる対策方法とは?

ダニのエサは人間の落とす髪や垢といったタンパク質です。

部屋にこのタンパク質が残っていれば、ダニはエサを求めて外から侵入してきます。そして床に住処を作ったダニが、隠れ場所の多い布団に引っ越しをするまで、時間はかかりません。

なるべくダニを家の中に入れないために、清潔な空間を保つよう意識しましょう。


部屋の換気

ダニが発生する条件は温度・湿度・エサの条件が整った場合のみです。どれか1つでも崩れていれば、ダニを寄せ付けることはなくなります。

掃除機だけではダニのエサを完全に除去するのは難しいかもしれません。その場合は湿気対策をしてダニの生育環境を崩しましょう。


ダニ防止スプレーの活用

ダニ防止のスプレーを活用するのも、良い方法です。散布すればダニを寄せ付けなくするだけでなく、すでに布団に居着いているダニの除去にも効果を発揮します。

1度撒けば1か月ほどダニを防止する効果が持続するため、経済的な点も◎。ただし人によっては香りや肌への影響などが気になるため、なるべく人体に優しい成分・無香料タイプなどものを選ぶと良いでしょう。


ダニを寄せ付けない敷布団を選ぶ

敷布団のダニを除去&予防! すぐにできる対策方法とは?

あらかじめダニを寄せ付けにくい素材でできた敷布団を選ぶことも、大切です。ダニが敷布団の中に多く生息するのは暖かさ・湿気・除去しきれていない汚れなどが原因です。

通気性が良く、メンテナンスフリーで清潔さを保てる敷布団を選択することで、ダニの発生を抑制できます。

シェーンベルグで扱う馬毛の布団は、ダニ対策に効果的です。

馬の毛は硬く通気性に優れており、さらに簡単なお手入れで汚れを除去できます。寝心地にもこだわっており、体をしっかり支える弾力性も魅力です。

1度手に入れればほぼ一生使えるほど耐久性にも優れているため、ダニを含め布団で悩むことはなくなるでしょう。

ダニに関わらず、敷布団に関してお悩みを抱えている方は、ぜひ検討をしてみてください。


まとめ

ダニは、湿気・温度・エサの環境が整うことで発生します。敷布団はダニにとってまさに好条件の場所。寄せ付けないように、こまめな掃除や洗濯を心がけることが大切です。

ご紹介した内容を元にダニ対策をして、快適な眠りを実現しましょう。

関連記事

敷布団のサイズの選び方。<br>自分に合った大きさの判断基準とは?
敷布団のサイズの選び方。
自分に合った大きさの判断基準とは?
敷布団のサイズは種類が多く、何がベストなのか迷ってしまいますよね。 大切なのは自分にとって適したサイズであること、また、部屋の広さに合っていること、掛け布団とのバランスです。とは言っても、自分や部屋、掛け布団とのバランスはどのように...
Read More
今の環境に応じた敷布団の選び方│<br>敷布団の重要性・マットレスと敷布団の違いも解説
今の環境に応じた敷布団の選び方│
敷布団の重要性・マットレスと敷布団の違いも解説
    掛け布団や毛布には気を配っていても、敷布団について考えていますか? 敷布団は、快適な睡眠と健康のためにかかせない寝具です。ここでは、敷布団を見直したい人に向け、現在の状況に応じた敷布団の選び方を紹介します。敷布団の重要性やマッ...
Read More
「狭い部屋で敷布団をしまうには?<br>コンパクトに&清潔に布団を収納する方法」
「狭い部屋で敷布団をしまうには?
コンパクトに&清潔に布団を収納する方法」
敷布団の収納スペースが足りない、オフシーズンの布団の防虫・防カビ対策をどのように行えば良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。 敷布団の収納をコンパクトに行うためには、工夫が必要です。また、防虫・防カビ対策においても...
Read More
トップに戻る