お電話での問い合わせ
06-6266-5901
ショッピングカート
『プレミアム会員』募集中 » 登録する

軽い敷布団にはデメリットもある?軽さの重要性・敷布団を使うコツも紹介

by 山内由佳 on October 28, 2022

毎日布団を上げ下ろしている人は、敷布団の重さに悩まされてはいませんか?当然、軽い敷布団の方が上げ下ろしは簡単です。しかし、寝心地・耐久性などに着目すると、軽い敷布団を選べば万事解決するとも言い切れません。

 

ここでは、軽い敷布団のメリット・デメリット、軽い敷布団を使うコツなどを解説します。寝心地のよい敷布団選びにお役立てください。

 

敷布団の軽さはどのくらい?

オンラインで販売されている敷布団の情報を調べました。シングルサイズで比較すると、重い敷布団は8kg程度、軽い敷布団は3kg程度でした。これだけ重さの違いがあると、敷布団選びにおいて、軽さは重視したいポイントの1つといえるでしょう。

 

軽い敷布団の特徴

軽い敷布団といっても、軽い理由はさまざまです。軽さの裏では、寝心地のよさや耐久性が犠牲になっているかもしれません。ここでは、軽い敷布団の特徴を解説します。

 

1.空気を多く含む敷布団

敷布団に詰まっている素材自体が軽ければ、敷布団は軽くなります。例えば、ポリエステルやウレタンフォームの敷布団は軽い可能性があります。

 

羽毛や羽根のように、素材同士の間に空気を多く含む場合も敷布団は軽くなるでしょう。ただし、高分子ファイバーの敷布団には重いものもあります。

 

2.中身が少ない敷布団

素材自体はさほど軽くなくても、充填量を減らせば敷布団は軽くなります。ただし、中身が少ない敷布団はサポート力が乏しく底付き感が出る恐れがあります。

 

同じ素材の敷布団と比較して、なぜこの商品は軽いのだろうか、と思う場合は要注意です。底付き感の他にも、耐久性や保温性が見込めない可能性があります。

 

中身が少ない敷布団は、おすすめできません。

 

3.素材をミックスさせている敷布団

重さの異なる素材を組み合わせて、機能性と軽さを両立している敷布団も見られます。例えば木綿とポリエステルをミックスした敷布団は、木綿の吸湿性とやわらかさ、ポリエステルの軽さや割安さをうまく組み合わせています。

 

なお、硬い固綿をふんわりした巻き綿で包んだ固綿敷布団も、素材をミックスさせた敷布団の1例といえるでしょう。

 

軽い敷布団を使うメリット

軽い敷布団のメリットは、何といっても扱いやすさです。軽い敷布団を使うメリットを解説します。

 

1.干しやすい

敷布団は、湿気を取り除くために定期的に干す必要があります。しかし、ベランダに重い敷布団を運ぶ作業は大変です。特に、子どもや女性など非力な人、腰痛もちの人などにとって、敷布団の持ち運びは重労働ではないでしょうか。

 

軽い敷布団は気軽に干せるため、気持ちのよい布団で眠れます。湿気が取れると敷布団にふっくらとした感触がよみがえります。

 

2.収納しやすい

軽い敷布団なら比較的簡単に布団をしまえます。使わないときに敷布団を押し入れなどに収納できると、空間を有効に使えるだけではなく、衛生的な環境で生活できるでしょう。

 

敷布団が重いと、つい敷きっぱなしにしてしまうかもしれません。しかし、敷きっぱなしの敷布団には、カビやダニのリスクがあります。仮に賃貸でフローリングにカビが発生してしまうと、退去時に余分に費用を請求される場合もあるでしょう。

 

また、敷きっぱなしでは汚れも心配です。特に、寝室専用のスペースがないワンルームマンションなどで生活していると、食べ物などの汚れで敷布団が汚れやすくなります。

 

軽い敷布団を使うデメリット

軽い敷布団にはデメリットもあります。以下のような問題を避けるために、商品説明をよく見た上で敷布団を購入する必要があります。

 

1.寿命が短い

空気を多く含む敷布団は、サポート力が低いためすぐに寿命を迎える可能性があります。へたった敷布団では、体を支えられず寝心地が悪くなります。

 

一般的に、敷布団の寿命は3~5年です。しかし、軽い敷布団はそれよりも早く寿命を迎えるかもしれません。天日干し・陰干しをしても布団がふっくらしないなら、買い替えのサインと思うとよいでしょう。

 

2.体が痛い

中身が少ない、寿命が来たなどの理由で、敷布団は底付き感が出るようになります。底付き感のある敷布団を使うと、就寝中や寝起きに痛みを感じる可能性があります。

 

底付き感がありそうな敷布団を見極めるには、厚みがポイントです。中身が少なければ、敷布団の厚みは薄くなります。最低でも5cm以上は厚みのある敷布団を選びましょう。また、素材がやわらかすぎる敷布団は、厚みがあっても自重でつぶれてしまいます。可能なら実際に手で触って商品を選べると安心です。

 

なお、すでに敷布団の底付き感に困っている人は、敷布団の下にマットレスなどを敷くと改善される場合があります。

 

3.冬に寒い

軽い敷布団は、冬に寒さを感じるかもしれません。経年劣化で敷布団がつぶれると、断熱性の高い空気が不足するため寒く感じます。

 

底冷えは、体の下に毛布を敷くと改善する場合もあります。

 

シェーンベルグのムートンシーツは、密度の高い羊毛が体をしっかり支えます。あたたかで心地よいムートンシーツを使ってみませんか?

 

シェーンベルグのムートンシーツ

 

軽い敷布団にこだわる必要はある?

このように、軽い敷布団にはデメリットもあります。軽さ以外の特徴にも目を向けて敷布団を選んだ方がよいでしょう。

 

重い敷布団を使う際のコツ

少しばかり重さが気になる敷布団でも、寝心地などがよければ購入を検討するとよいでしょう。以下では、重い敷布団を使うコツを解説します。

 

1.布団乾燥機を使う

布団乾燥機を使えば、敷布団をベランダにまで持ち運ばずに済み便利です。布団乾燥機は、敷布団以外に掛布団などの乾燥にも使え、天気も気にせず布団を乾かせます。高温で乾燥するため、ダニも死滅させられます。乾燥後にダニの死骸を掃除機で吸い取るとよいでしょう。

 

なお、そもそも太陽光の熱や紫外線ではダニを除去できません。衛生面を重視する意味でも、布団乾燥機の導入を検討してみてもよいでしょう。

 

2.布団干しスタンドなどを使う

ベランダへの持ち運びは大変でも、室内で敷布団を干せれば負担を抑えることが可能です。例えば、折りたたみすのこベッドには、たたんだ状態で敷布団を被せて干せるものもあります。

 

3.布団の収納方法を見直す

そもそも押し入れやクローゼットに敷布団を収納しない、という手もあります。すのこを敷いた上に敷布団を置けば、通気性を確保可能です。また、敷布団をソファとして使える収納アイテムも登場しています。

 

重い敷布団をベッドに敷く際の注意点

ベッドに敷布団を敷けば、布団を敷きっぱなしでも違和感はないでしょう。ただし、敷布団にたまる湿気を放っておくと、ベッドや敷布団にカビやダニが繁殖する恐れがあります。やはり、布団を干す、布団乾燥機を使うなどして湿気対策は必要です。

 

また、ベッドはマットレスを重ねて利用するものであるため、敷布団の厚みによっては底付き感があるかもしれません。

 

底付き感を和らげようと、マットレスと敷布団を重ねる場合は通気性にご注意ください。通気性の悪いマットレスと敷布団を組み合わせると、余計に蒸れやすくなり、カビやダニが繁殖しやすくなってしまいます。

 

シェーンベルグの馬毛敷ふとん

シェーンベルグの敷ふとんは、シングルサイズで内容量が5.5kg。決して軽さを売りにした敷布団ではありません。しかし、布団乾燥機を使う、布団干しスタンドを使うなどの方法を取れば、持ち運びの負担を減らせるでしょう。

 

しかも、馬毛敷ふとんはサポート力に優れ、定期的にメンテナンスすれば半永久的に使える優れものです。生涯気持ちよく使える敷布団を選ぶなら、シェーンベルグの馬毛敷ふとんがおすすめです。

 

シェーンベルグの馬毛敷ふとん

 

敷布団を選ぶなら軽さ以外のポイントもしっかりチェック!

軽い敷布団には、干しやすさ、収納しやすさといったメリットがあります。しかし、寿命の短さや体への影響を考慮すると、軽さ以外も重視して敷布団を選んだ方がよいでしょう。布団乾燥機や布団干しスタンドなどを使うと、重い敷布団でもメンテナンスしやすくなります。

 

シェーンベルグの馬毛敷ふとんは、しっかりと体を支え質のよい睡眠を提供します。定期的なメンテナンスも承っているため、お気軽にご連絡ください。

関連記事

なぜ万年床になってしまう?布団を上げ下ろしできない方・面倒な方に向けたコツも紹介
なぜ万年床になってしまう?布団を上げ下ろしできない方・面倒な方に向けたコツも紹介
布団を敷きっぱなしの状態で生活していると、寝床に湿気や汚れが溜まり、どんどん寝心地の悪い状態になっていきます。しかし、面倒で布団を敷きっぱなしの方はともかく、やむを得ない理由で、布団の上げ下ろしが困難な方もいるのではないでしょうか。 ...
Read More
ベビー布団セットはいらない?準備したい敷布団・マットレスと代用品になるアイテムを紹介
ベビー布団セットはいらない?準備したい敷布団・マットレスと代用品になるアイテムを紹介
これからはじめて赤ちゃんをお迎えする家庭は、さまざまな準備をしていることでしょう。食事やトイレ関連、衣類などの準備に加えて、新生児から多くの時間を共にする寝具関連の準備もしっかりしておきたいものです。しかし、市販のベビー布団セットには...
Read More
婚礼布団はもう古い?風習が廃れた理由や喜ばれる寝具選びのポイントなどを紹介
婚礼布団はもう古い?風習が廃れた理由や喜ばれる寝具選びのポイントなどを紹介
かつて日本では、結婚の際に嫁入り道具を準備する風習がありました。嫁入り道具とは、タンスや鏡台など、新生活に役立つさまざまな家具のことです。 嫁入り道具の1つが婚礼布団です。しかし、この令和時代において、婚礼布団を用意する習慣は一般的な...
Read More
トップに戻る