お電話での問い合わせ
06-6266-5901
ショッピングカート
『プレミアム会員』募集中 » 登録する

寝起きが悪い原因は枕?枕以外の理由・見直すべき枕の特徴・よく眠れる枕を選ぶコツを解説

by 山内由佳 on April 29, 2022

寝起きが悪いと、一日を気持ちよく過ごせません。すっきりと目覚めるために、生活習慣や枕などの寝具を見直しましょう。ここでは、寝起きをよくする方法を紹介します。睡眠は、健やかな生活を送るための重要な時間です。質のよい睡眠を手に入れ、健康な生活を送りましょう。

 

寝起きが悪い人の特徴

寝起きが悪い人は、以下の症状に悩まされがちです。

 

  • 目覚めたときに枕が頭の下にない
  • なかなかベッドや布団から出られない
  • 目覚めたときまたは日中に、肩や首のコリ・めまい・吐き気を感じる
  • 頭痛、腰痛になりがちである
  • 集中力が散漫になる
  • イライラする
  • 眠っているはずでも疲れが取れない
  • くすみ、吹き出物など、肌の調子が悪い
  • 頭がぼんやりとして、仕事や学業などに集中できない
  • いびきをかいていると指摘されたことがある

 

寝起きが悪い理由

自覚をすれば寝起きの悪さを改善できる可能性があります。寝起きが悪い理由を紹介します。

 

理由1.睡眠時間が足りない

単純に寝不足で疲れが取れていない場合があります。少ない睡眠時間でも日常生活に支障が出ない人もまれにいますが、たいていの人には十分な睡眠が必要です。

 

平成 28 年社会生活基本調査によると、日本人の睡眠時間は以下の記載があります。

 

「我が国に住んでいる10 歳以上の人について,行動の種類別に週全体平均(以下「週全体」という。)による1日の生活時間をみると,睡眠時間が7時間40分」

 

平均睡眠時間を見て、自分の睡眠時間が不足しているか判断しましょう。なお、睡眠時間は長ければ長いほどよいわけではありません。長く眠りすぎると、体が痛くなり、眠りの浅い時間が増える結果、睡眠の質が低下する恐れがあります。

 

引用:(「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局))

 

理由2.生活習慣に問題がある

以下の生活習慣は、睡眠の質を低下させてしまいます。

 

  • 長めの昼寝をする
  • 夜遅くまでパソコンやスマートフォンを見ている
  • カフェインを取り過ぎている
  • 寝る前にアルコールを飲む習慣がある

 

不規則な生活は、睡眠のリズムを乱します。メリハリのある生活をして、夜にスムーズに眠れるようにしましょう。就寝時間が遅くなったときも、起きる時間は一定にしたほうが生活リズムは乱れません。

 

ディスプレイが放つブルーライトは、交感神経を刺激して体を活動モードにしてしまいます。寝る少し前は、少し暗めの部屋でリラックスするよう心がけてください。

 

カフェインや、アルコールが分解されて生じるアセトアルデヒドには覚醒作用があります。飲む時間や摂取量に注意しましょう。

 

理由3.何らかの病気を患っている

起立性調節障害、概日リズム障害、睡眠時無呼吸症候群などの病気も疑いましょう。

 

起立性調節障害とは、自律神経のバランスが崩れて起きる病気です。概日リズム障害とは、実際の時間と体内時計のずれがもたらす不調です。概日リズム障害の人は、体内時計を実際の時間に合わせられません。徐々に体内時計が実情と乖離し、寝起きが悪くなってしまいます。また、睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠中に呼吸が一時的に停止します。

 

病気に関して、自己判断や思い込みは禁物です。睡眠時間を増やす、生活習慣を正すなどで改善できなければ、心療内科や精神科、睡眠専門の医療機関を受診しましょう。

 

理由4.寝室の温湿度に問題がある

不快に感じる温湿度環境では、寝付けません。エアコンや加湿器で、寝室の温湿度を調整する必要があります。家族と同じ部屋で眠る人は、寝具やパジャマで温湿度を微調整しましょう。

 

なお、極端な温度設定では、就寝するときは心地よくても、時間がたつと暑すぎる、寒すぎるといった状態になりかねません。ほどよい温度設定を心がけましょう。

 

理由5.枕など寝具が合っていない

寝心地は寝具に大きく左右されます。マットレスや敷布団には注意を払っても、枕の寝心地を考えていない人は多いものです。以下では、寝起きを悪くしがちな枕の特徴を解説します。

 

寝起きが悪い原因となる枕の特徴

睡眠時間を長くしたり、生活習慣を見直したりしても状況が改善しなければ、枕を見直しましょう。寝起きが悪い原因となっている枕の特徴を紹介します。

 

枕の特徴1.寿命が過ぎている

素材により、枕の寿命は異なります。長く使っているうちに、形が変形してきた、干しても洗ってもふっくらしなくなった、寝心地が悪い、悪臭が取れなくなったなどの問題があれば、枕の替え時といえます。素材や取り扱いによっても前後しますが、枕の寿命は3〜4年程度です。

 

枕の寿命については、以下の記事も参考にしてください。

 

枕の変え時はいつ?タイミングの見極め方と寿命を伸ばす方法

 

枕の特徴2.高さが合っていない

枕の高さは重要です。高すぎても低すぎても、無理な姿勢で寝ることになるため体に負担が生じるためです。起立した姿勢と同じように頸椎のカーブを保てるような枕が理想といえます。

 

枕が高い場合は、いびきや首のシワなどが心配です。無理に頭が持ち上げられているため、首や肩への負担が増します。頸椎がまっすぐになるほど高い場合は、ストレートネックに繋がる恐れも。

 

低い枕を使っていると、顔のむくみが起きがちです。また、高い枕同様に、無理な姿勢をすることで、首や肩を傷めてしまいます。

 

シェーンベルグの馬毛枕は、素材の出し入れにより高さを調整可能です。子どもも使用可能な馬毛枕 Mタイプ(専用ピロケース付)のほか、筋肉質の男性におすすめのCタイプ、女性・やせ型の男性におすすめのLタイプなど、体格に応じて枕を選びましょう。

 

枕の特徴3.やわらかすぎる・硬すぎる

枕のやわらかさ、硬さは好みを重視して選んで構いません。ただし、極端にやわらかいと頭が沈みこんで寝返りをしにくくなる、高さが低くなりすぎ姿勢が悪くなる、などの問題が発生します。

 

また、硬すぎる枕は、フィット感に欠けます。局所的に圧迫されて血流が悪くなると頭痛の原因になります。安眠のために、フィット感がよく、沈み込みすぎない枕を選びましょう。

 

枕を正しく使えていない人も寝起きが悪い

オーダーメイドの枕であろうと高級な枕であろうと、枕を正しく使えていないと寝起きが悪くなってしまいます。首から肩にかけて隙間が生じないように、枕をフィットさせることがポイントです。枕は「頭を乗せる道具」ではなく、「肩から頭部にかけサポートする道具」として捉えましょう。

 

なお、肩に枕を当てすぎると、背中付近が浮いてしまいます。全身が敷き寝具と枕に密着するように枕の位置を調整しましょう。

 

昼寝の際も枕の代用品がないと寝起きが悪い

職場で仮眠を取るときに、机に突っ伏して寝る人もいるでしょう。しかし、腕を枕の代わりにして寝ると、高さが足りません。首の後ろが伸びきってしまい負担がかかります。また、腕を枕代わりにすると、頭の重みで手がしびれてしまいます。

 

首と腕への負担を和らげるために、枕の代わりになるものを用意しましょう。本を重ねた上にタオルを敷くと、枕の代わりになります。昼寝専用のコンパクトな枕を活用するという手もあります。

 

よく眠れる枕を選ぶコツ

実店舗で枕を選び、頭を乗せてみましょう。しっくりこなかった場合でも、スタッフにアドバイスを求められる店舗であれば安心です。別の枕を提案してくれたり、素材の量を調整してくれたりする可能性があります。

 

枕を試すときは、敷寝具との相性も重要です。やわらかいマットレスの場合は、体が沈む分、枕を高く感じます。反対に、硬めのマットレスであれば、枕も硬めのものが合いやすい傾向です。可能ならば、枕以外に寝具一式を取り扱っている店舗で枕を選びましょう。

 

さまざまな観点から寝起きを改善させましょう

生活習慣や枕などの寝具を見直すと、寝起きが改善する可能性があります。枕がしっくりこない場合は、枕の見直しをおすすめします。実店舗で枕を試してみてから購入を検討しましょう。

 

シェーンベルグでは、ヨーロッパの天然素材を活用して枕を製造しています。枕を見直す際は、ぜひ、シェーンベルグの商品をご検討ください。

 

関連記事

ハイクラスな枕はどこで買える?相場と評判の枕を紹介
ハイクラスな枕はどこで買える?相場と評判の枕を紹介
ハイクラスなホテル、ハイクラスな転職など、ハイクラスという言葉には高級・高性能なイメージが感じられます。ここでは、ハイクラスな枕について購入場所別にいくつか例を挙げて紹介します。値段だけではないハイクラスな枕の選び方も解説するので、参...
Read More
眠気を誘う感覚と枕│睡眠五感とぐっすり眠れる枕
眠気を誘う感覚と枕│睡眠五感とぐっすり眠れる枕
決められた時間に毎日布団に入っても、ちっとも眠くならない。がんばって眠ろうとしているうちに、しだいに目がさえていく。そのような人は、もっとリラックスした方がよいかもしれません。   ここでは、快眠のための睡眠五感と、眠気を誘う作用があ...
Read More
枕で理想の寝姿勢を保つには?枕の選び方・当て方・マットレスなど敷寝具についても解説
枕で理想の寝姿勢を保つには?枕の選び方・当て方・マットレスなど敷寝具についても解説
寝姿勢が悪いと眠りが浅くなる、疲労が取れない、健康に悪い。そのように聞いたことはありませんか?人は毎日数時間ほど寝て過ごしますが、きちんとした寝姿勢を取ることは健康のために重要です。ここでは、理想の寝姿勢を保つための枕の選び方や当て方...
Read More
トップに戻る